DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

DIYが誰かの為に、そして自分にも大きな進歩として返ってきた話。

こんばんは。むく太郎です。

今年は激動だ。

志を持って生きることで自分が変わり、地域を巻き込み、国がすごいことになる。

そんな強い信念を持った人たちと関わらせてもらい、ぼくとしてはDIYで店舗作りに協力した施設がオープンしました。

1.Radiance Source

f:id:shakesound:20170710195545j:image

オープン直前の入り口をパシャリ。

ぼくの住む栃木県は宇都宮に新たな施設が誕生しました。

接骨院を軸に地域の健康を支え、身体にやさしい食材や有機栽培野菜の直売所を備え、運動出来たり、子供たちが楽しく遊べるキッズスペースもある。そして情報共有や周知の場としても活用していただく。改めて書くとすごい場所です。

この数か月、立ち上げに関わらせてもらい考え方も少しづつ変わってきました。

2.きっかけはブログからの問い合わせ

f:id:shakesound:20170712053854j:plain

「お問い合わせが1件あります」

2月の中頃、問い合わせフォームから1通のメッセージ。

全てはこのブログがきっかけでした。

「DIY教室を開いてくれませんか?」

個人経営の接骨院さんからでした。

DIY教室かぁ。(かなりゆるく考えてました)

近いし直接お話してみようと次週にお会いすることに。

顔合わせ

案内された住所を頼りに現場に着くとそこは一見ごく普通の接骨院。

DIYで家具をつくりたいとのことだったので、

「あぁ、このスペースで2個くらい棚をつくれればいいかなぁ」と考えたり、まだ緩い感じで話聞いていました。

今までの経験からぼくでよければぜひお役に立ちたいと思いました。

その5秒後に勝手なイメージはぶっ壊されます。

ここじゃなくて、こちらへ

f:id:shakesound:20170710203900j:plain

スポンサーリンク

 

????

 

言われるがまま、車で後をついていき信号を一つ越えたところ。

「なんかスーパーの跡地みたいだなぁ」

そう思った瞬間、先方はそこへ駐車。

「えっぇ、えっぇっぇ」

ここなんです。

f:id:shakesound:20170710203956j:plain

(写真が暗くてごめんなさい!)

やると決めたが、内心は超絶不安だった

f:id:shakesound:20170710204304j:plain

そんなこんなで場所を喫茶店に移し、図面をもらいお話しさせてもらいました。

今後のビジョンやあり方、DIYしたいものなどを聞かせてもらい、出来ることはやらせてもらおうといつの間にか、そう考えていました。

本棚、什器、机、ベンチ、etc...

ぼくはDIYで人に喜んでもらえるのが一番いいなぁと思っています。

コンセプトや雰囲気も合致し、完全キャパオーバーにも関わらずその場でOKをしました。

だって、自分のつくった家具やみんなでつくった作品がたくさんの人に触れてもらえるんです。

建築関連は大工さんも入るということで、ぼくは家具系の製作に専念するということに。

後日建築士さんを交えた話し合いに参加しました。

一級建築士は考えることがDIYサラリーマンとは、やはりちがう。

なかなか難しい要求もありました。

3.始まったが、何からやればいいのか分からない

f:id:shakesound:20170712055641j:plain

(使用する木材を間違えてつくり始めてしまった物販什器の天板)

こうして、事業拡大に微力ながらお手伝いすることになりました。

しかし、正直なところぼくは今まで自分のやりたいDIYを好きなようにやってきたため、ある課題にぶつかりました。

クライアントが求めているものはなにか。

フリーランスの大工になった気分でした。

初めて全くの他人に技能と知識と時間を提供する形。

ただつくるだけならいいんです。

問題は「お互いに満足できるものを納期にしっかりつくりあげること」

最初の1ヶ月は話をして、まず何をどんな感じでつくるのか

。そして、今お話ししているクライアントはどんな人たちなのかを見極める時間に。

でも、やっぱり志を持っている方は違いました。

4.「やるやつはやる」を学ばせてもらった。

f:id:shakesound:20170712060249j:plain

(院長がカットした木材をぼくが組み立てて、レジ台に)

ぼくは矢沢永吉さんの「やるやつはやる。やらないやつはやらない。」という言葉が大好き、というか常に頭に入れてるフレーズです。

これがピタッとはまるのが院長の姿勢でした。

自らDIYに参加し、出来ることはないか常に模索。

丸ノコを買って角材をカットし、丸太なんてチェンソー使ってどんどん切り出す。

アイデアもたくさん持っている人で、「こうしたらどうか」と意見をすり合わせ、想像以上の出来上がりになり皆で喜んだのを覚えています。

DIYは基本、接骨院が休みかつぼくも仕事が休みの日曜日に行われました。

家族の笑顔に毎回助けられた。

日曜日に作業を行ていたので、決まってご家族も見にきたりお手伝いをしてくれました。

まだ幼い子供たちがぼくになついてくれて、本当にかわいかった。

奥さまが作ってくれた差し入れなども毎度のように頂き、うれしかったなぁ。

DIYで誰かのためになるなんて幸せだ」と思いました。

ぼくはこれをライフワークにしたいという想いが日を追うごとに増しています。現在進行形です。

5.そしてあの事件(;_;)

以前からこのブログをよんでくれている方ならご存知だと思いますがぼくはこのDIY関連でケガをしました。

2か月が経とうとする今現在、キズもだいぶ目立たなくなり日常生活も問題なく送れています。

このケガした時のこともきっかけで今があります。

一度上の記事も目を通してみてください。

自分の甘さと人のやさしさを心から感じた1日でした。

6.自分を見つめるタイミングだったのかも

ケガもあり、予定の製作を大工さんの作業に回してもらい、なんとか完了。

そうしているうちに新規事業で立ち上がったこのRadiance Sourceの一員になっていました。

つくってきたものや中はどんな感じか、写真でご紹介しますね!

製作家具(一部)

f:id:shakesound:20170710195555j:image

大工さんも心折れそうになった巨大丸太の物販什器。

角材をボルトで緊結し、天板にしてます。でかい!

f:id:shakesound:20170710195603j:image

棚類もたくさん作りました。でもまだまだ増やすとのこと。

製作欲が満たされる・・・・。

f:id:shakesound:20170710195617j:image

こちらはつくり方をブログにアップしています。

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20170710195819j:image

栄養指導ルームに設置したカウンセリング用のデスク。

なかなかいい出来栄え!

天板はパッチワーク風にヒノキ材を並べています。

濃い目の脚や幕板のカラーは、ワトコオイルのエボニーをチョイス。

かなり濃く色づいています。

 

f:id:shakesound:20170710195808j:plain

レジ台です。先述のフレームがこんな形で立派な什器に!

この短期で相当スキル上がりました。

f:id:shakesound:20170710195741j:image

高さ2000mm、幅3000mmを超える 巨大な棚はクローク。

接骨院で治療される方の荷物置き場になりました。

いやぁ、すでに懐かしいです。よくやったなぁ。

店内は新たな発見ができる、そんな場所。

f:id:shakesound:20170710195626j:image

すごいよね。正面入り口から入った図。

オーガニック食品、厳選された調味料が並ぶ販売エリア。

ここは有機栽培野菜農家や新規就農者の販路拡大を目指すため、野菜の直売所でもあるんです!

ここでなら、自分も幸せに働くことができる。

自分の為、人の為。

志は強いほどその道に進むことができる。

今回の経験と人との出会いでそう確信しました。
まだまだ分からない&未経験の分野ですが、日々勉強して楽しく仕事ができるようにしたい。
数か月前まで不健康産業の第一線で活躍していました。

交替勤務に長時間労働、いわゆる3Kと呼ばれる環境。

ぼくは自分の仕事や製品のブランドに誇りを持っていたのであまり苦痛だとは感じていませんでした。

効率化、効率化!の掛け声に時間を忘れ、きちんとした生活バランスを無視していました。

正直、毎日インスタントラーメンを食べ、間食でお菓子や甘い缶コーヒーを摂り。

周りもそんな感じの食生活の人が多かったなぁ。

糖尿病で通院、急性心筋梗塞で倒れた人も職場のごく近い人だった。

1年のうちに現役社員が2名亡くなっています。


そう、栄養や運動をないがしろにしていました。
だから、何をするにも「健康」でいなくてはいけないという基本中の基本を学ぶことが出来ました。
更新される自分の知識に考え方も変わってきています。

食事や運動、休息はマジで大切。


「食」「運動」「施術」の三本柱で地域の健康意識改革を強力に推進していきます!

本当に新しいこれからの「健康」を考えられる場所。

 

ぼくもここでお待ちしています。

ではじゃばら。

 

7.店舗詳細

Radiance SourceFacebook

〒320-0072
栃木県宇都宮市若草3-13-26

(ホームセンターサンハウス様跡地)

Radiance Source(ラディアンス ソース)は、

栃木県内の有機又は自然栽培農産物・加工物に特化した直売所です。
併設のジム・接骨院と「食」「運動」「施術」を提供し、

皆さまの健康づくりを応援します。

 

 

 

耳付きの一枚板を贅沢に!木のぬくもりを味わえるカフェカウンターをDIY!

こんばんは。DIYサラリーマン・むく太郎です!

一週間ぶりに戻ってきました、サラリーマンに。

ブログを読んでくれている方はことの顛末をご存知だと思うので、割愛します。

さぁ、気持ちを入れ替え再スタート!

職種も業界も全部チェンジ!ぼくに与えられた一番最初の仕事とは。

目次

面皮木材を使ってカウンターをDIY!

f:id:shakesound:20170609223144j:plain

つくりました。カフェカウンター。

DIYが現在の仕事。(月末には正式な業務に移ります)

こちらは現在改装中の店舗什器。予定よりも材料が余ったものがあり、それを活かすことに。

材料はこれ!

耳付きヒノキの一枚板。f:id:shakesound:20170609075747j:plain

贅沢。これ一枚を丸々使うことができます。

この板は縁が斜めにカットされており、真横から見ると台形。

せっかくなのでふんだんに使わせてもらいました。

ではでは、さっそく製作していきます!

 

一枚板を600mm幅にカット。

f:id:shakesound:20170609080402j:image

このヒノキを600mm幅でカットしていきます。

一枚、ドーンと置いてしまっても画になりますが、今回はカットしてはめ込むことにします。

縦に敷いていくので、カットした幅が奥行きに。

全部で6枚(脚部材の関係上1枚は調整して横幅をカットしました)準備しましょう。

仮で並べる。

f:id:shakesound:20170610215015j:image

正面から。

f:id:shakesound:20170609075928j:plain

真上から。

スポンサーリンク

 

こんな具合です。台形なので表裏交互に並べていきました。

隙間は許容して、ヤスリで滑らかにしておくとグッド!

このくらいのラフさが実は大切なんですね。

天板はひとまずこんな感じで、脚をつくっていきます。

脚の材料もヒノキの角材。

f:id:shakesound:20170609075822j:plain

これも同じヒノキの角材です。

脚の部材として760mmの長さが4本、貫材として600mmを2本にカットしておきましょう。

角材を固定。f:id:shakesound:20170609075810j:plain

カットした角材をつなげ、組み立てていきます。

760mm2本600mm1本を上の写真のようにビス留め。

スコヤなどを使って、直角をしっかり出しましょう。

その他、幕板や貫材もヒノキを使用。

f:id:shakesound:20170609080415j:image写真は組み立て工程で見ることができます。

カットせず、長さをそのまま活かたりしています。

脚下段の貫もそう。

別に用意したヒノキ角棒を下から100mm位置に取り付け。

これを2セットつくればOKです。

ヒノキ角材で脚を連結。

f:id:shakesound:20170609075847j:plain

材料をふんだんに使えるのは、すごくいい。

だからこそ大切に使わねばなりません。

角材をカットせず、2000mmのまま脚にビス留め。

上段に両サイド1本ずつ固定し、続いてトンボ貫として2本下段内側から固定。

天板用にも1本真ん中に貫を入れましょう。

こんな感じに!

f:id:shakesound:20170609075806j:plain

シンプル構造だけど、おしゃれ。

レトロな造りが無機質のコンクリート倉庫とよく合うんです。

天板を取り付けていきます。

角棒を天板の囲いとして1本取り付け。

f:id:shakesound:20170610103818j:image

脚が組みあがったら、天板をセットしていきます。

その前に完成した脚に天板を囲う角棒を1本、上の写真のように取りつけておきます。

天板の厚みと合うものをチョイス。

カットした耳付き一枚板を仮置きしていく。

f:id:shakesound:20170610103837j:image

スポンサーリンク

 

表裏を交互に敷き詰めていきます。

おぉ。なかなかいい感じ!

これだけでも見応えがあります!

両端のはみ出た部分を丸ノコでカット。

f:id:shakesound:20170610103844j:image

しかしながら、ドンピシャには収まらないのがDIY。

はみ出た部分は、丸ノコで丁寧にそして安全にカット。

なかなかの厚みで苦戦しましたが、なんとか終了です。

f:id:shakesound:20170610103853j:image

切り口はヤスリできれいに均しておきましょう。

均したら、これまたヒノキの板を幕板にして縁取ります。

f:id:shakesound:20170610103905j:image

天板の背面と側面をこんな感じに板で覆います。

ちょっとカウンターっぽくなったでしょ。

全てビス留めしたら、ダボでビスを隠してヤスリできれいに整えましょう!

段差はカンナ+ヤスリで解消!

f:id:shakesound:20170609223216j:plain

規格の決まった天板ではないので、個体でばらつきがありますよね。

そうするとこんなふうに段差が生まれます。

これを解消するのは、なんといっても鉋とヤスリ。

初めに鉋でゆっくり丁寧に削っていきます。

小鉋をひとつ持っておくと何かと重宝。

あくまで丁寧に。ある程度削ることが出来たら、粗目のサンドペーパーで均していきましょう。

f:id:shakesound:20170609223208j:plain

しっかりと補正できました。

接地部分だけをピンポイントに削っていくよりは全体のバランスをみて整えるが大切です。

天板の境目はバーナーで炙る。

f:id:shakesound:20170609223200j:plainどうしても天板の境目は歪になります。

これがアジでもあるんですが、塗装したときにうまく色が入らず浮いてしまうことが。

なのでぼくは、境目をバーナーで焦がしその問題を解消!

しかもアンティークな風合いが出るのです。

終わったら、全体をしっかりサンディングして塗装の工程へ。 

塗装はBRIWAXで。

f:id:shakesound:20170610103915j:image

全体のサンディングが終わったら、塗装です。

オシャレなカフェのカウンターをイメージしたら、やはりアンティーク系。

これはBRIWAX(ブライワックス)しかないでしょ。

久々に買ってきました。今回のカラーは、アンティークブラウン。

BRIWAXはミツロウが主成分なので身体にも優しく、なおかつ撥水効果があるので、こういった家具には最適の塗料です。

磨くと出てくる色っぽい艶にぼくは惚れてます!笑

あえて天板だけ塗装を施しました。

f:id:shakesound:20170609223151j:plain

スポンサーリンク

 

しっかりワックスと塗布したら、布で磨きましょう。

今回、脚部分はあえて塗らないことにしました。

天板を目立たせたいというのと、脚とのギャップを見せたかったから。

さぁ、完成しました。

出来上がり!

シンプル&アンティーク感漂うカフェカウンター。

f:id:shakesound:20170609223156j:plain

完成しました!

天板の重厚さが際立ちます!

材料が全て同じ樹木なので違和感なくマッチしています。

f:id:shakesound:20170609223137j:plain

やっぱり脚も塗ったほうが良かったかな??

いや、様子見してみよう。

DIYにもいろいろあります。部屋のインテリアやディスプレイをつくっていくこと。

ぼくは家具自体をつくるのに特化していますね~。

こっちのほうが好きなのかもしれませんね。

f:id:shakesound:20170609223144j:plain

ここにPCを置いて、おいしいチャイラテでも飲みながらブログ書きたい。本も読みたい。

好きなことは好きな環境でやるのがベストです。

それをぼくは自分でつくっていきます。

空間は自分でつくる。

f:id:shakesound:20170609223134j:plain

以上!ヒノキを使ったカフェカウンターDIYでございました!

たまには図面を見ずにこういったイメージで作っていくのもいいですね!

好きなものを自分でつくり、楽しむ。

それがいつか人を巻き込んでいければ、これまた最高です。

 

では、じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

 

 

 

マイカー通勤が捗るガジェット!高音質&グッドフォルムなFMトランスミッターをゲット!

こんばんは。むく太郎です。

通勤にプラスアルファを取り入れる!!

一週間という無職期間も今日で最後。

でも今週はほぼ通って作業していたので、ぼーっとする暇もありませんでした。それはいいことです。

ぼくは田舎のサラリーマンなので車は必須。

しかも会社まで片道30km

往復で1時間半も時間を費やします。

この時間を今まで、ラジオやCDを垂れ流しで過ごしていましたが、何かもっと学習に充てたい。

時間は自分でつくるのだ。

そんなぼくにピッタリのサービスであるアマゾンが提供しているオーディオブックサービス「Audible


これ、車で聴ければ最高じゃない?

 

目次

買ったのはこれ!Bluetoothトランスミッター「T11」

f:id:shakesound:20170608230352j:image

Bluetooth搭載の車種なら何ら問題なくスマホ+カーステが楽しめるのですが、ぼくの車にはBluetooth接続のオーディオ機能はありません。

だからこういったBluetoothFMトランスミッターが必要でした。

 

シブい。フォルムが渋い。

なんかこう男の潜在能力を刺激するようなデザイン。

ブルーに輝くIFが車内をきらびやかに演出します。(そんな派手じゃないよ)

写真がないですが付属はマニュアル(英語&中国語)とAUXケーブル。

では外観から見てみましょう。

正面から。

f:id:shakesound:20170608185211j:plain

真正面からの写真。

センターの電波マークが、コネクトボタン。

ツマミを回すとボリュームが調整できます。

コネクトボタンを挟むように左上がチャンネル、右上がマニュアルボタン。マニュアルボタンを押すと接続が切り替わり、付属のオーディオジャックでスマホなどを接続して有線でも音楽や音声が楽しめます。5秒長押しすると英語か中国語のどちらかをセレクトできるそう。

下段左右が頭出しと前送りになります。

左側面、USBソケットがふたつ。

f:id:shakesound:20170608185221j:plain

本体向かって左側。

USBポートが2つ。充電だってもちろんできます。

上の写真は本体を折り曲げたMAXの状態。

フレキシブルです。

こちらは全開にした写真。

f:id:shakesound:20170608185223j:plain

スポンサーリンク

 

ご覧のように角度はわりと自由に調整できると思います。

カチカチと一段ずつ変えていく感じ。

右側面はこんなです。

f:id:shakesound:20170608185216j:plain

右側はこうなっています。

AUX端子とmicroSDカードのソケットが。

(余談ですがmicroSDをTFカードというの今知りました。)

実際に使ってみる。

f:id:shakesound:20170605080804j:image

さっそく愛車のシガーソケットにセット!

起動するとボタン類が青く輝きます。

FM周波数は、87.5MHz~108.0MHzの範囲で設定可能。

ぼくは定番の88.9MHz。

Waiting for pairing」と男性の低いアナウンスが流れます。

スマホと接続。

f:id:shakesound:20170605080807j:image

コネクトボタンを押すとデバイスの検知を開始します。

続けてスマホでBluetoothの接続画面を開き、「T11」をセレクト。

Paired」というアナウンスとともに接続したデバイスがディスプレイに表示されます!

めちゃくちゃ楽。そして音がクリア。

f:id:shakesound:20170608193426j:plain

接続も非常に簡単でした。

英語と中国語しか書いてないマニュアルにはじめは頭を抱えましたが、なんのその。

しかも製品は意外にしっかりとつくられています。

そして、肝心の音質。

・・・・・・・

・・・・・・・・・

大満足です。

 

完全に個人の主観ですが、ノイズはほとんど気になりません。

カーステとスマホの音量をうまく調整することでノイズは極力聞こえないレベルになります。

どちらかが音量MAXなどでなければぜんぜんOK。

先日のお出掛けではオーディブルをこれでFMに飛ばして聴いていましたが、朗読にのめり込むほど。

ぼくはまったく音が悪いとは思いませんでした。

一応宅録なども経験のあるミュージシャンなので、これは胸を張って高音質とおすすめできます!

お値段以上に使えると感じた。

メイドインチャイナでありますが、まったくぼくは不満じゃありません。

2000円ほどで車内空間と時間にプラスアルファをもたらしてくれているこのアイテムは一言で「満足」

ただし、シガーソケットから抜くときにきつきつで「ソケットがとれちゃうんじゃねーかぁ」というほど抜くのが大変です。

車種によるのかもしれませんが。

やはり使わなくなったスマホ+Amazonが最強ですわ。

f:id:shakesound:20170608202924j:plain

こんなわけでこのBluetoothトランスミッターによって、通勤も学びの時間にすることができました

ぼくは以前使用していたiPhone5Sを音楽デバイスとして持ち歩き、車ではBluetoothで音声を楽しんでます。

ぜひ、こういったアイテムをフル活用して毎日を楽しんでいきましょう!

では、じゃばら。

 

いつまで紙ヤスリでゴシゴシやってるの?面倒なヤスリ掛けにはもう戻れないオービタルサンダーの魅力。

こんばんは!むく太郎です。 f:id:shakesound:20170607085949j:image

エブリデイ、DIYが実現してしまったよ。

現在製作しているのは、店舗用の什器が中心。

お家で使う家具と違って、結構でかい

だからね、地味にきつい作業があるんです!

 

YASURIGAKE

 

めっちゃきつい。

ダイソーのサンドペーパーホルダーを使って、ゴシゴシやっているんですが、きつい。

しかも時間がかかるんですよね。

3000mm幅の棚とか平気で作りますから、そりゃもう大変。

均等に丁寧に・・・ってやってらんないよ!!

そこでついにぼくも導入してしまいましたよ、あれを。

目次

どん!!オービタルサンダー

f:id:shakesound:20170606201642j:plain

リョービのやつです。入門機としておすすめされていたので購入。

では、開箱。

f:id:shakesound:20170606201646j:plain

中身はこうです。

本体と取説、サンドペーパーの3点。

シンプル。本体の重さは1.3kg。

鮮やかなブルーにその出来の良さを感じさせられます。

集塵機にもセットできる仕様

見とれているうちに作業時間が無くなってしまうので、どんどん進みましょう。

サンドペーパーをセッティング!

f:id:shakesound:20170606201650j:plain

このビョンと出ているのがクランプレバー

こちらを写真のように引き下げ、サンドペーパーを挟みます。

両サイドにこれがついております。

f:id:shakesound:20170606201656j:plain

こんな感じ。

うむ。本当にこんなんでヤスリ掛けできるのだろうか。

さっそく検証していきましょう。

ヤスリ掛けしたくなるポイント発見!

f:id:shakesound:20170606200717j:plain

スポンサーリンク

 

こちら、ダボ埋めして後処理が終わっていない棚板。

ミスった墨付けの痕まで・・・。

モータ部と持ち手の間くらいにスイッチがありますので、それをon!

いざ、起動!

f:id:shakesound:20170606200542j:plain

「ブィーーン」

なかなか騒がしい運転音。

しかたない。これが電動工具の宿命。

2回前後に滑らせてみました。

「あれれ、すっごく楽に研磨できてる!」

f:id:shakesound:20170606200534j:plain

掃除機の要領で。ハンドワイパーの拭き掃除にも近い感覚。

どうでしょう。

 

めっちゃきれいじゃないですか!?

 

ダボのササクレはもちろん、墨のあとまで綺麗さっぱり!

もう、どんどん研磨していきます。

f:id:shakesound:20170606200528j:plain

3000mm幅の棚も数分でこんなにきれいにヤスリ掛けできました!

ダボと板が見事に融合しあった瞬間。

DIYスキルは紛れもなく工具の差っていうのもあるの納得です!

さらにダイソーのアイテムで機能1.5倍アップ!

f:id:shakesound:20170606202430j:plain

これ知ってます?

ダイソーに売っているメッシュのヤスリです。

ブラウンアルミニウムオキサイドというヤバい素材(ネーミングが)ですが、すごく使えるんです。

f:id:shakesound:20170606200549j:plain

とりあえず、抜群のサイズ感(ピッタリ)

そして紙ヤスリより長持ち!

両面使えるってのが、出来なそうなやつを演出して実はできるやつみたいでニクイ。だって片面使って、ひっくり返せばまたOKですもんね。

難点がひとつ。

f:id:shakesound:20170606200518j:plain

こんな万能アイテムにもデメリットというものがあります。

粉塵がすごい。

 

とにかく粉塵がすごいんです。高速で木材を研磨していくため、木粉が飛びまくります。

服や顔も粉だらけ・・・。

屋外はともかく室内で使うと部屋中に粉塵が舞い上がり、とんでもないことになります。

集塵機を接続すれば、さらに快適に作業できると思いますのでクリーンDIYを目指したい方は検討する価値ありです。

 

導入の価値あり!ただし、粉塵に注意!

f:id:shakesound:20170607090115j:plain

以上、オービタルサンダーについて基本的なお話をしてきました。

ぼくは、間違いなく買ってよかった!

圧倒的に作業時間が短縮されます。

そして、ぜひダイソーのメッシュヤスリとセット使ってみてね。

効果抜群です!

DIYは最高だ!

作業台2基、クローク、下足箱、書類棚・・・。

おっと、パーテーションの製作依頼が来た!!

つくるのも楽しいけど、使ってくれる人がいるのはさらにうれしい!

時間は工具の使い方で得られる。

ぼくも加速します!!(ケガだけはほんとに注意します)

 

では、じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!