DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

お店の印象を変える什器製作!間仕切り+棚+黒板をDIY!

むく太郎です。

パン屋さんリノベ作戦第二弾!

f:id:shakesound:20180116222051j:image

前回は、古材の天板→オリジナルのカウンターなどDIYしていきましたが、今回はディスプレイ棚+黒板の増設!

まだ完成ではないのですが、営業日を迎えてしまうため少しづつ完成へ近づけていきたいと思います!

目次

間仕切り兼棚を売り場+ギャラリースペースに。 

f:id:shakesound:20180108205248j:plain

こちらがbefore写真。

パンの売り場が手前で、一段上がる形でギャラリースペースが展開されています。

ギャラリーの床は、足場板がびっしりと。

古材ってほんといいよなぁ。

 

それでは、つくっていきたいと思います。

ここに幅850mmで設置していきます。

f:id:shakesound:20180108205322j:plain

ギャラリーと売り場の境目に設置していきます。

いやぁ、今回もレーザー距離計「Zamo2」が良い働きをしてくれました!

ボッシュのアイテムです。

1プッシュで楽に距離が測れることがこんなにも時間をつくってくれることなのかと大感激。

使い方などは下のエントリに詳しく書いてますのでよかったら見てくださいね。

模様替え、リノベの頼もしい味方!面倒な計測作業を1発で簡単にできるアイテムはこれだ! - DIYサラリーマン・むく太郎EX

材料はスギの板材をホームセンターにて購入。

f:id:shakesound:20180108205330j:plain

4mサイズを買って木取りしたので、運搬はトラックを借りてきました!

ホームセンターでも運搬車の貸し出しは最近ほんと増えていて助かります。

2時間無料とか助かります。

(ぼくは借りて10分ほどで返し、ほんとに使ったのか逆に怪しまれました・・・)

先ほど測った850mmをカットし、台座にします。

f:id:shakesound:20180108205341j:plain

板を置き、その上にZamo2。

ここでレーザー距離計の真骨頂!

床→天井の計測。台座の板を敷き、1プッシュ。

f:id:shakesound:20180108205355j:plain

瞬時に「天井まで1960㎜やで」と。

正しくは大きくせり出した梁まで。

すごいよねぇ。ほんと。

これを頼りに1960㎜の長さで2本の板を切り出します!

カットした木材を仮設置。

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20180108205415j:plain

ほんとピタピタでした。

実は今回、ディアウォールやアジャスターなどを使って簡易的に取り付けようとも考えていたのですが、どうしても「ポップ」な感じが出てしまうため、がっつり造り付け。

賃貸とかお家では間違いなくそういったアイテムが活躍しますからね。

さて、棚板のことも考えていきます。

DIYならではの「ここらへん」

f:id:shakesound:20180109163313j:image

(棚板の位置をお連れ様が決めます。)

目分量、ほんとに自分好みで「このへんで」。

そんな流れで棚の位置をマーキングしてもらいました。

これでいいのか?

いいんです。DIYは「どうやったら、今より、良くなるか」

良くなるようにDIYしています!

そんなことをしているうちにお昼の時間です。

パン屋さんがつくるガチのトーストはまじでうまい。

f:id:shakesound:20180116145430j:plain

(改めて、パン職人ってすげぇと思いました)

小腹もすいて、作業もひと段落。

お昼です!これが醍醐味でございます。

お連れ様がなにやらカセットコンロ+焼き網を準備。

このときはお正月休みだったので、「お餅かな」と思いきや。

f:id:shakesound:20180108205437j:plain

食パン。

そう。これが本当のトースト

冬の快晴の下、ポカポカ陽気の中でお気に入りのジャムやピーナツバター。

f:id:shakesound:20180108205507j:plain

本当にうまい。

これ、オススメね!

パンの網焼きは本物。

余談ですが、ロベルトヘアダーの万能ナイフも本物です。

これを使うと、思わず笑みがこぼれます。

お連れ様に塗装作業を任せる。

f:id:shakesound:20180109102157j:plain

棚板などのすべての木材を切り終えたら、やすり掛けして先に塗装してしまいます。

今回は木の木目を自然な感じで出したいということでワトコオイルのナチュラルをお連れ様に塗布してもらいました。

さぁ、組み立て!

f:id:shakesound:20180108205552j:plain

乾いたら、どんどん組み立て作業!

台座は床の足場板にビスで直付け。

棚は予めH型に組み立てておいて、部屋に柱+梁に取り付けました。 

f:id:shakesound:20180108205711j:plain

こんな感じに。

底と上部の固定で久しぶりにL字金具を使いました!

f:id:shakesound:20180108205626j:plain

しっかり水平も確認。

f:id:shakesound:20180108205656j:plain

ひとまず棚の設置は終了です!

この棚は器や雑貨をディスプレイに使うそう。

さすがにシースルーでは危ないので背板をつけます。

が、ただの背板じゃ終われない。

背板を黒板にDIY!

f:id:shakesound:20180114221030j:plain

こちら、背板で用意したベニヤ。

ホームセンターで寸法サイズにカットしてもらいました。

丸ノコで自分でやるのもいいのですが、やってもらったほうが圧倒的にきれい+楽。

この分の時間が作れます。

このベニヤを黒板塗料を使って、真っ黒にしていきます!

f:id:shakesound:20180114221027j:plain

(刷毛でなく、ローラーでやりましょう)

今回使った黒板塗料は、ターナー色彩のチョークボードペイント。

色も豊富にあって使いやすいのでオススメです!

塗料に対し、2割の水で薄めて伸ばすように塗布。

間違いなく刷毛でなくローラーで塗りましょう!

きれいではやく、ムラなく仕上がります。

f:id:shakesound:20180114221019j:plain

塗り終えました!

このサイズの刷毛塗はNG!それを身をもって実感・・・。

ローラー塗りをお勧めします。

チョークボードペイント、乾くのが早い!

さっそく背板としてさきほどの棚へ。

そのまま棚に釘留め

f:id:shakesound:20180114221018j:plain

おぉ、おう・・。

ブラックボードの存在感が際立ちます(際立ちすぎ)

ここは、メニューやスケジュールなどの情報ボードに活用するそう。

ここもふちにモールディング必要だなぁ。

(3軒ホームセンターをハシゴしましたが、どこも売っていませんでした・・・・)

内側は?

f:id:shakesound:20180114221059j:plain

こんな感じのシンプルな棚です。

商品やディスプレイをセットしたらどうなるのでしょうか。

楽しみです!

本などを表紙置きしたらかっこよさそう。

そして落下防止に丸棒を仕込む予定。

完成には至りませんでしたが、進捗を書かせていただきました!

こちらが前回の記事!

ガラッと内装は変わってきました!

あとは細かいところをアレンジしていきます。

来月でお連れ様の店も丸3年。

今年はいろいろステップアップするみたいです。

そうそう。

今までお店の名前を改めてお知らせしていなかったので、この場で(今頃)アナウンスさせてください。

 

KITEN.bakery(キテンベーカリー)

 

です!!

看板とかの製作中、ブログの画像でみたことがあるかもしれませんが、こちらがパン屋さんの名前です。

ぜひチェックしてくださいね!

お店のインスタです。

www.instagram.com

 

民家を改装して、パン屋さんを作り上げました。

この経験は何にも替えられないと思っています。

だから、もし。

自分のお店をつくりたいと考えている方。

小さく自分の家やどこか居抜き物件を改装し、いつかは・・・。

なんていう方には、ぜひぼくらにご相談ください。

DIYで、自分たちの手で、協力し合って。

そんな自分のショップを持ちたい、小さくとも独立を目指している方を応援します。

というか一緒に切磋琢磨していただきたい。

下記にお問い合わせフォームを設置しました。

純粋にDIYについてなども、ジャンジャンご質問くださいね!

 

お問い合わせフォーム

 

さぁ、今日もDIY三昧です。

では、じゃばら。

読んでくれたあなたへオススメ!

自分の価値を決めるのは他人。だけど価値を提供できるのは自分だけだ。 - DIYサラリーマン・むく太郎EX

「あれも!これも!」を実現する、絶対にマスターしたい時間の使い方

むく太郎です。

1月の目標は、

  • ネットショップ運営の基盤をつくること。
  • 書籍を月間5冊読む。
  • 全く挑戦したことのないモノづくりへトライ

時間をつくって、成し遂げたいことです。

皆さんは、年間の目標とか月間の目標は決めましたか?

 

いざ、決めてもなかなか達成できなかった経験は嫌というほどしてきました。

 

ぼくもそうですが、みんな、はっきり言って、忙しい。

日々の生活、仕事、諸々。

それはうれしいことですが、何かを犠牲にして時間を割いていることの証拠。

そのせいか、年末年始や長期連休などでは、絶対これをやる!と決めても、次の日の朝、

あと1時間寝たらやろう

とか。1時間のつもりが気づけば、とんでもない時間になっている。

 

「間に合わぁねぇえ、時間ねぇぇぇ」

 

と、結局何も手が出せずになってしまっていました。

2017年は少しは時間を意識して動いていたつもりでもこれです。

でも。

2018年はさらに爆走したいじゃないですか。

この「やろうとしてたけど、やれなかった症候群」を打破するために、日々時間を使うためのコツというのを尊敬する「時間マスター」から教えてもらったので、共有します。

基本的なことですが、忘れてしまいがち。

今年もあと355日あるので、今のうちに理解しておきましょう。

備忘録でもあります。

目次

時間の使い方の絶対ルール

f:id:shakesound:20180110222938j:image

  1. 計画を立てる
  2. すみずみまで具体化する
  3. 優先順位をつける
  4. 実行速度を上げる
  5. スキマ時間をフル活用する

これが世界共通で仕事にもプライベートにも、どんな時も時間を手に入れられるルールだそうです。

いたってシンプルで当たり前。

でも、分解していくと面白いんですよ!

1.計画をきちんと立てることが大切。

f:id:shakesound:20180110213919j:plain

月の初めに一ヶ月の大まかな計画をたてることが大切。

まず、月初めにその時点で決まっている予定を手帳やスマホのスケジュール管理アプリに入力。

遊びも出張も、決まっていること全部です。

そして、日曜日の夜にその週間計画を立てます。

計画を立てるのです。

「予定はなんだっけ」といいつつ、自分の計画を練る。

やりたいこと、行きたい場所、諸々。

書き込めたら、最初に決める事はこれ。

  1. 朝起きる時間
  2. 寝る時間
  3. 目標に取り組む時間

これで、一週間に目標にどれだけ使えるかがわかります。

しっかり把握することです。

そして、その取り組み時間の合計をしっかりと割り振ること。

家具を作る時間、ショップの運営を考える時間、家族や大事な人たちとの時間も。

全くの余談ですが、ぼくは方眼ノートを使ってアイデア、長期計画などを管理しています。

(LIMIAでそのノートカバーをつくった際の記事も。ぜひ)

limia.jp

2.具体化する

f:id:shakesound:20180110214308j:plain

計画が定まったら、「いつ、何をするのか」を明確にします。

「次の休みの日は販売家具の写真を撮ろう」

ではなく

「来週の日曜日は、販売家具(椅子類)の販促写真を5パターンくらい構成を決めてから撮ろう」

と、このようにやることを具体的且つ明確に。

これでイメージができますよね。

すぐに取り掛かれます。

3.優先順位を付ける

スポンサーリンク

 

やらなければいけないことを紙やディスプレイに書き出します。

そして、4つに区分けします。

これは、聞いたことがある方も多いかもしれません。

  1. 緊急で大事なこと 
  2. 緊急で、大事ではないこと
  3. 緊急ではないけど、大事なこと
  4. 緊急でもなく、大事でもないこと

あとは、1から順番に実行していくだけでいつの間にか重要タスクは終わっているのです。

4.実行速度をあげる

f:id:shakesound:20180110215717j:plain

そして、やるからには「人生で最速だ」くらいの勢いで取り掛かります。

なおかつ、完璧を求めて、真剣にやる。

オススメは、 スマホのストップウォッチ機能などを使い、時間を計ってやることです。

あくまで時間を管理することを念頭に。

夢中になる事は、時間の把握できてこそです。

5.スキマ時間の活用。f:id:shakesound:20180110222314j:plain

人生最大のロスって、何か知ってます?

そう、移動時間。

特に電車やバスなどに揺られている時間こそ本当に取り逃がしてはいけません。

とにかく、ぼーっとしてちゃダメ!

覚えたいこと、知りたいことは書籍などでがんがんインプット。

帰りの電車では、新たに覚えたことや知ったことを定着させるためにバリバリでアウトしていきましょう。

車移動のぼくは、基本オーディブル聴いてます。

ぼーとしちゃだめ。

タイム イズ ライフ.

目的を持っている人には、必ず有効なルール

上記の5項目をしっかりと実行できれば、間違いなく1日を過ごす時間の使い方が変わります。

なんせ、時間の天引きを自分で設定しているのですから。

時間の加速度を決めるのは自分です。

 

こんな面倒な事、なんでやるのかって?

 

やり遂げたいことがあるからです!!

目的があるからです。

では、じゃばら。

※追記※

何かを判断するときに歴史から学ぶっていうのもいいと思います!

これが本当の時短テクかもね。

 

パン屋さんリノベーション作戦!古材の一枚板とホームセンターの木材でオシャレカウンター什器をDIY!

こんばんは。むく太郎です。

新年になり、一週間・・・。

改めて、今年もよろしくお願いいたします!!

 

やりたいことは山のようにありますが、山のようにあることが本当に幸せです。

 

ネットショップの準備・・

家具製作・・

パン屋さんリノベ・・

 

ぼくのDIYがいろんなところで活きてきたのを実感しています。

2018年にやりたいことは、「やること」として確実に展開していきますので、チェックよろしくね。

迷ったら、やる。

やるか、やらないか。でなく、迷ったら、やる。

さぁ、今年最初のDIYはこれだ!

パン屋さんの内装を少しだけリノベ。

f:id:shakesound:20180108201926j:plain

(before写真です)

f:id:shakesound:20180108213616j:plain

(after/入口を開くと、カウンター什器が2つ並びます。)

オープンから丸3年を迎えるお連れ様のパン屋さんです。

ぼくのDIYの原点。

この民家を改装して、お店をつくるという経験がなければこのブログもむく太郎という人もいませんでしたから。

そう思うと本当に感慨深いです。

DIYやり始めは、下手くそ過ぎて家具や什器を勝手につくっては、却下され・・・撃沈の日々でした。

でも、ようやく少しずつ認められてきた感が(笑)

ここからぼくらは、でかくなります

見ててくださいね!

ぼくらを知っておいて、損はさせません。

では、今回やったことを。

テーブルをカウンターに変身。

f:id:shakesound:20180108213731j:image

(材料不足で側面は後ほど囲います)

※2018/1/14追記

f:id:shakesound:20180114220438j:image

(側面も囲いました~)

今までは冒頭の写真のように中央のテーブルをメインにぐるりとお客様がみて選べる形式のレイアウト。

今回のリノベは、対面式のパン屋さん風にレイアウト変更。

天板のみからのカウンター製作+既存のテーブルをリメイクへ。

先に古材の天板をつけるカウンターをDIYしていきました。

古家具屋でゲットした古材の天板

f:id:shakesound:20180108212513j:plain

(水洗いして、汚れを落とし乾かします)

地元にある人気古家具屋さんの倉庫に伺う機会を頂き、そこでゲットした古材の板。

まるで宝の山でした。ぼくには。

見る人によっては、ゴミかガラクタの倉庫。

本当面白いよ。

幅1100㎜奥行き570㎜。結構でかいですね。

まずは汚れを取り除くために水洗い。(これはお連れ様の担当)

乾いたら、丁寧に下ごしらえ

f:id:shakesound:20180108212530j:plain

完全に乾くときれいな白木。

板の接合にはくぎが使われていまして、なかには飛びぬけているものも。

バールやプライヤーで傷つかないように抜きました。

f:id:shakesound:20180108212446j:plain

オービタルサンダーに粗目の紙やすりをセットし、磨きます。

ささくれが無くなるように丁寧に。

時折手で感触を確かめながら作業。

やはり、こういう大物には電動工具が欠かせません。

時間をつくれます。

打ち込まれていた釘の代わりにビスを

f:id:shakesound:20180108212504j:plain

この板は、明治のころのものだそうで

「さすが。味がある」

と思いながらも、ガタもきてる。

そういったときはしっかり補修しましょう。

釘は抜いて、垂木と板をビスでがっちり。

より天板らしく強度が出ました!

ワトコオイルで塗装

f:id:shakesound:20180108212519j:plain

ワトコオイルのナチュラルをよく粉塵をふき取った天板にまんべんなく塗布。

感想。

 

めっちゃオイル吸う

 

まるで生きているかのよう。

枯れた木が水を勢いよく吸収しているような感覚でした。

ぬり終え乾燥するとこんな感じ!

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20180108212455j:plain

立派な木目と100年という時間の生活キズの痕。

どんなに良い木であろうが、「時間」というものの美しさ・侘び寂びには勝てませんね。

天板はこれでOKです。

ワトコオイルのナチュラルは木材を自然な感じに且つ美しく仕上げてくれますので、無垢材にはマストです!

机のフレームをつくって、羽目板をフロントに打ち付け。

この過去エントリの机製作を参考に脚部分をつくりました。

どシンプルなスタイル。

天板ありきのフレームですので、サイズ確認はしっかりと。

さて、フレームに羽目板を。(展開早くてすみません)

f:id:shakesound:20180108212456j:plain

(フレームサイズに切った羽目板をワトコナチュラルで塗装)

アイジャクリ加工の羽目板は組み合わせるのがピタリとはまりすごくよかった。この加工については、参考までに下記をご参照ください。

アイジャクリ加工とは? - 天然木のツキ板合板を1枚より製造直販。ツキ板合板専門店

f:id:shakesound:20180108212506j:plain

ビスでどんどん固定します。

2×4定規はビスの位置決めにもすごく役立つから持っておくといいと思います。

めっちゃお世話になってます!

垂木部分もしっかり欠きとっておきます。

f:id:shakesound:20180108222410j:plain

もちろん組み立てる前にですよ!

(再度取り外し、溝を彫った男→むく太郎)

スライド丸鋸はカットももちろんですが、ミゾキリも正確スピーディーにこなします。

 

 

天板をはめてみましょう!

f:id:shakesound:20180108222411j:plain

ピタっ!!

 

いいねぇ!!

でも、なんか惜しい・・・。

・・・・・・

・・・・

・・・

・・

 

そうか!これだ!

羽目板の木口にモールディングを施せば、ビシッと決まります!

f:id:shakesound:20180108222355j:image

これこれ。

モールディングが仕上がりに差をつけます。まじで。

L字型のスタンダードなものをセレクト。

f:id:shakesound:20180108222411j:image

f:id:shakesound:20180108222439j:image

隠すっていうか、引き締まりますね。全体がね。

モールディングは釘で打ち込みました。

これはこれで完成です!

既存のテーブルに羽目板で壁をつくる

f:id:shakesound:20180108212515j:plain

あと1個は今まで使っていたやつを。

ていうか、このパン用机!

これもリメイクしたやつだった!!(過去記事はこちら☟)

並べて貼るだけ!作業台があっという間にアンティークなパッチワークテーブルに大変身! - DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYはどんどんアップデートできるんです。

 

 

さっきと同じ要領で羽目板をつけてモールディングで整えれば、OK!

出来ました~!高さもそろえてみたんです。

f:id:shakesound:20180108213616j:plain

古家具のスツールに南天をちょこんと。

空間のアクセントに。

f:id:shakesound:20180108213731j:plain

完成です。(正しくは8割完成)

サイドにも羽目板をつければ、真の出来上がり。

材料切れという結末・・・。

正面から見れば、なかなかいい感じじゃないでしょうか。

ここからパンがずらっと並ぶことを想像すると、また楽しみです。

天板1枚から逆算のDIY。

イメージを頭に落とし込むことがやっぱり重要だなぁ。

側面つけたら、追加更新しますので乞うご期待!

余談ですが、足場板はアンティーク風や古材風にもってこいの資材。

丈夫で味のある足場板はおススメです!

それともう1か所、手を加えています。

f:id:shakesound:20180108205341j:plain

先日のBOSCH/Zamo2!

バリバリ活躍してます!

模様替え、リノベの頼もしい味方!面倒な計測作業を1発で簡単にできるアイテムはこれだ! - DIYサラリーマン・むく太郎EX

f:id:shakesound:20180108205415j:plain

間仕切り兼ディスプレイ棚も製作しました。

これも別エントリで書きますのでよかったら見てくださいね!

お家のレイアウト変更や模様替え、リノベにも応用できるものをつくります!

 

今年もDIYとともに爆走します!

 

では、じゃばら。

 

 

模様替え、リノベの頼もしい味方!面倒な計測作業を1発で簡単にできるアイテムはこれだ!

むく太郎です

年末から現在に至るまでパン屋さんリノベを絶賛進行中ですが、最強に頼りになったアイテムをご紹介します!! 

買ってしまいました。レーザー距離計。

ボッシュのレーザー距離計「Zamo2」!

f:id:shakesound:20180107205451j:image

買ってしまいました。

行きつけのホームセンターの初売りでセールしていまして。

ちょうど改装作業を行うということで、長尺のスパンや高さを測らなくてはならず、この際ということでね!

使ってみた感想ですが・・・

  

「なんでもっと早く買わなかったのか」

 

 

めちゃくちゃ捗ります。

操作は簡単すぎるので、いちいち記事にするまでもないのですが喜びが大きいのでしばしお付き合いください!

さっそく開封してみましょう。

f:id:shakesound:20180107210932j:plain

スタイリッシュな、まるでニューガジェット。

BOSCHのロゴがかっこいいよね。

サイズと主なスペックはこんな感じ!

  • 本体サイズ (W)36x(H)101x(D)23mm
  • 重さ 80g(乾電池含)
  • 測定距離 0.15~20m
  • 測定精度 ±3mm(標準測定時)

最大計測20mの能力により、カーテンやカーペットのインテリア用品の購入時、絵画や室内装飾品の取り付け位置の決定、その他DIY作業、子供の身長の計測等 様々な用途で便利に使えます。

レーザー距離計 ZAMO2 | ボッシュ電動工具

 掌にスポっと収まるコンパクトサイズながら、バリバリ使えるこのZamo2は、DIY用レーザー距離計の初代モデルのマイナーチェンジ版。

今まではアナログに、

「スケールでバリバリ測っちゃうよ!ぼくのは5M測れるんだぜ(どや)」

っていうスタイルでしたので、最初は「どうなんだべ」と疑心暗鬼でした。

でも、使ってみると先ほどの言葉を今すぐ撤回したくなるほど。(撤回しました)

f:id:shakesound:20180107205710j:plain

裏蓋をあけて、単4電池2本をセット。

乾電池は付属していましたよ。

スイッチは、どれだぁ~。

本体の△ボタンを長押しでオン!

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20180107211041j:plain

本体の△ボタンを長押しすることで、ON/OFFの切り替えができます。

起動した時点ですでに計測してる。

自動電源オフ機能がついているので、消し忘れても無問題。

メーターの計測距離は、本体最後部からレーザー接地面まで。

f:id:shakesound:20180107233614j:plain

(黄色線オレンジ線までが計測距離)

メーターには「0.184m」

これはどういうことか。

まず、基準となるのが本体最後部~レーザー接地面までが計測距離となる事。

簡単にいうと「本体最後部からレーザーが当たっている場所まで184mmだよ」って話ですね。

このマシーンは150㎜以下は「Err」とエラーで計測できませんので、距離の短いものはおとなしくアナログで測ります。

精度はどんなもん?

f:id:shakesound:20180107211721j:plain

続いて、気になる精度です。

丁度1年前に造り付けたカウンターの奥行きを測ってみました。

(カウンターのつくりかたはこちら☟)

安くてもオシャレに!野地板でつくれる憧れのワークスペースをDIY!(カウンターリノベ編) - DIYサラリーマン・むく太郎EX

 カウンターというかスペースの奥行きですね。

Zamo2は「0.456m」

f:id:shakesound:20180107211747j:plain

スケールでは、

f:id:shakesound:20180107211832j:plain

「455mm(0.455m)」

1㎜の誤差。

(この誤差は壁の漆喰の隆起によるものと推測。)

 

DIYで使うなら十分すぎる精度です。

 

しかもこれが1プッシュで測れるんですからやっぱり捗りますよ。

早速手放せなくなっています。

f:id:shakesound:20180107233645j:plain

(現在作っている最中)

パン屋リノベでは天井から床までの棚を製作中。

これのおかげでかなり楽に作業が進捗しています!

まもなく完成予定ですので、そちらのエントリもお楽しみに!

部屋の模様替え、リノベにはマスト。

f:id:shakesound:20180107232126j:plain

いろんなシーンで使える

簡単操作で楽に距離を測れるこのZamo2。

  • オフィスのレイアウト変更
  • ガーデニングの花壇のベースづくり
  • 欲しい大型家具・家電の設置シュミレーション

いろんなシーンで使えます!

仕事にもプライベートにも。

あまりに距離がすぐ出るもんで、無駄に測ってしまうのはぼくだけではないことを祈ります(笑)

 

注意点

f:id:shakesound:20180107233111j:plain

レーザーはすごい光線を放っています。

計測距離は20mですが、照射距離は余裕で50~100mはあります。

これを直視したらどうなるか。

絶対見ないようにしましょう。

目が見えなくなります

お子様がいる場合はおもちゃにならないように。

ここだけは、注意です。

 

道具には、その道具の良さが必ずある。

DIYをさらに楽しく加速させるなら持っておいて損はないアイテムです!

使わないで迷っていた時間をここから取り戻していきます!

2018年もむく太郎DIYは爆走します!!!

 

では、じゃばら。