読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

イベントやレジャー、DIYにも対応する折りたたみデスクを低予算で作ってみました。(天板製作&完成編)

 

むく太郎です。前回の続き!

w-d.hatenablog.com

 

 

天板を作っていきます。

  • SPF1×8 1820mm 4枚
  • SPF1×4 1820mm 1枚
  • 垂木(赤松) 45mm×45mm×100mm 6本
  • 天板固定用端材 適宜
  • チェーン 500mm×2本 
  • 固定金具4個
  • 蝶番4個
  • ボンド・ビス・ダボ 適宜
  • ワトコオイル ミディアムウォルナット

材料は太字の物を使っていきます。イメージ図はこちら。

f:id:shakesound:20151003083854p:plain

SPF1×8材2枚と1×4材1枚を用意し、長さ1200mmにカットし並べたシンプルな構造。他にも天板は集成材1枚を用意しても良いと思います。

 

まず木材をカット。

f:id:shakesound:20150904110916j:plain

電動のこぎり(庭木の枝切りの為購入)でカットしようとしましたが、めちゃくちゃぶれますので手ノコか丸ノコ、ホームセンターのカットサービスをご利用ください。

今回初使用!なみ釘!

f:id:shakesound:20150904110940j:plain

ずっと前から気になっていた、なみ釘を今回天板の仮留めに使用しました。文字通り、波型の形状でよく足場板の接合で用いられるそうです。

 

木材を起こし、位置を揃えなみ釘を打つべし!

f:id:shakesound:20151004213445j:plain

木の接合位置を合わせ、金づちで打ち込みます。結構すんなり打ち込めて、いい感じ!2個くらい打っておけば、仮留めに問題ありません。合わせ目に1枚別で打ち込みましたが、SPFの表面はタフできれいに打ち込めませんでした。(下手なんだよなぁ)

3枚仮留めしたら、裏側に端材を接合して固定。

f:id:shakesound:20151004213458j:plain

SPF1×2の端材があったのでそれを流用。端から50mmの位置でビス留めをします。

両端と念のためセンターにも入れておくとベターです。

この両端の端材が後にこの折り畳み机をより安定させてくれます

続いて、2段目の棚板をDIYしちゃうよ。

f:id:shakesound:20151004215631p:plain

イメージはこんな感じ。ここも登場するのが1×8材。

1500mmにカットし2枚を接合しました。当初は、角の丸みは考えていませんでしたが、板を仮置きすると膨らむというのが男の想像(妄想)。

この飛び出した棚には何が置かれるのか。今回は真面目に考え、小さなお子様の目線と同じくらいの高さであろうと棚板、角をラウンド形に成形。

お子様連れの方が少しでも安心してイベントでパンを選べるように。

そんな配慮もDIYに詰め込みました。(すみません、かっこつけました。)

コンパスを使用し、ラウンド形を描く。

f:id:shakesound:20151003090123j:image

どこにでもあるコンパスをマックスに開脚させ、右端に鉛筆部を合わせひと回し。緩急はご自由に。

久々にジグソーでカット。

f:id:shakesound:20151003090114j:image

ジグソーで線に沿ってカットしていきます。カットしたらバリを面取り。これを2回繰り返して、1枚に合わせると。

 

やや歪な曲線。これもアジ。だけどしっかりヤスリ掛け。

f:id:shakesound:20150925110422j:plain

天板同様、なみ釘で接合。これ、かなり万能。両端に2枚づつ、打ち込みました。

ヤスリ掛けしたら、塗装!初登場!ワトコオイル。

f:id:shakesound:20150925110432j:plain

じゃん。1リットル。ずっと他ブログや教本でおすすめされていたワトコオイルを手に入れました。カラーはミディアムウォルナット。開封すると、あらま。ちょびっち臭いが気になる。というのが第一印象。では塗りたくろうと思います。

天板に塗りたくる。ウェッティな色気を出し始めたSPF材。

f:id:shakesound:20150925110413j:plain

芳醇?な香りが象徴するように、塗ると圧倒的な色気を放ちます。塗り心地は良好。刷毛になじんで伸びます。全体に伸ばしたら、20分程乾燥させます。もちろん脚もワトコオイルで。20分経ったら、ウエスやいらない布でふき取ります。さぁて、もうちょい。

 

脚の開脚固定用にチェーンをセット。

f:id:shakesound:20151003090133j:image

ここまでくれば、終盤です。脚の開脚を調整するチェーンを取り付けます。ひの字型の固定金具を横柱中央に。チェーンは50cm×2本をホームセンターで調達。1m切り売りであったり種類も豊富ですので、お好きな材質、長さをお選びください。ぼくは金具とチェーンとの間にカラビナを入れたので用途に応じて、調整できるようにしました。

 

お疲れ様でした!完成です。

f:id:shakesound:20150926165740j:plain

ミディアムウォルナットが抜群の存在感を放っております。飛び出た棚板には、ティーポットをおいて、外のレジャーでも使えそう。そうそう。ハの字になった脚の先端と天板裏の端材支柱。うまくはまって、安定感もこの上なくグッドなんです。さて、完成の余韻に浸ってたらもうすぐ日没。今日もお疲れ様でした。

肝心の畳んだスタイル

f:id:shakesound:20151003090100j:image

暗い写真で申し訳ないです。これが役目を終えて、眠りについたデスク。

厚さ約150mm。植木鉢よりは腰の低いやつなんです。

だから、連れさん。イベント以外でも重宝してね。

 

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

では。じゃばら。