読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

「ほっ」と一息。毎日のひとり時間でも大活躍のおしゃれなドリップスタンドをDIY!

どうも。むく太郎です。

コーヒー好きを謳っているぼくですが、なぜ今までこれを作らなかったんだろうと思うものが今回のDIY。

うまい珈琲は道具から。

f:id:ドリップスタンドDIY1

そもそもなんですが、ぼく、珈琲といっても缶コーヒーがメイン。

しかもコンビニで出ているPB品。出勤の際に必ずと言っていいほど、飲んでいます。

でもやはり、1本100円とはいえ、年間換算だとデカイ。

じゃーマイボトルもあるし、いっちょドリップして缶コーヒー代節約しちゃおうと思ったら、道具が無いよと。

だから、ドリップスタンドつくったよ。

f:id:ドリップスタンドDIY2

ダイソーグッズも活用しつつ、トータル材料費は1200円くらい。うまい珈琲はかたちから。

イメージと材料や用具はこちら。

f:id:ドリップスタンドDIY3

W:470mm(ドリップバー370mm)
H:170mm(トレー~ドリップバーまで130mm)
D:150mm

  • 余っていた杉野地板  W910mm×H175mm×D19mm
  • バターミルクペイント ホワイト
  • 真鍮棒(ブラス) 100m×Φ8mm   1本
  • ガスバーナー
  • ワイヤーブラシ
  • ダイソーのステンレスバット 341mm×114mm
  • ダボピン Φ8mm

材料はこんな感じです。サイズや木材はお好みで!

以前制作したベンチの材料。余り杉野地板を活用します!

f:id:ドリップスタンドDIY4

今回も端材を駆使して、低価格・でもアジのあるものをつくりたいという意志のもと制作開始。

f:id:ドリップスタンドDIY5

こぼれ対策にと、これまたダイソーで買ったステンレストレーが木にはまる様に採寸。

木材とのバランスを考慮し、墨付け。

f:id:ドリップスタンドDIY6

なかなか荒れた材です。トレーの縁が木にかかるくらいで線を引き、ドリルで型抜きスタートの穴を四隅に掘ります。ジグソーあたりで抜き取るのが一般的ですが、最近導入したこれをぼくは使いました。

買ってしまった糸鋸版。

f:id:ドリップスタンドDIY7

以前から導入しようと企んでいた糸鋸盤をようやく購入。もうすでに刃を数本折っていますが、使いこなせるように経験を積んでいきます。やはり工具、機械は触れるほど面白い。スピードコントロールが付いているので快適に操作。

 

 

枠が抜き取れました。

f:id:ドリップスタンドDIY8

ちょっと波打った枠が出来上がりましたが、ヤスリで整え、いざセット。

抜いた板も実は加工しちゃいました(後日紹介)

ぴったり。

f:id:ドリップスタンドDIY9

なんなくセット完了。置いたときの水平もばっちりです。

間髪いれず、柱板としてカットしていた材を用意。

f:id:ドリップスタンドDIY10

130mm×150mm幅で切った材。杉は柔らかくて、すき。

Φ8mmの穴を空け、ダボピンをセット。

f:id:ドリップスタンドDIY11

対の板にも同じ箇所に穴空け位置を付けられるようにダボ袋の中にあったダボピンを使います。同サイズの板ですから、角を合わせちょっとプレス。ドリッパー置きのバーの調整するために1枚は完全に穴を貫通させておきましょう。

 

 

こんな感じで印が付きます。安心して、ダボ穴を空けましょう。

f:id:ドリップスタンドDIY12

 こうして印にダボ穴を空け、全体をヤスリで整えます。荒材はささくれが出ていますので、手を怪我しないように。

ベンチの回で登場した技法「浮造り」を再度実践!

f:id:ドリップスタンドDIY13

ということでバーナーで木材を焼きます!安全な場所を確保し、周囲に十分配慮し作業しましょう。「浮造りってなによ」って方は下記のベンチ制作編をご覧ください。

w-d.hatenablog.com

 

 

水で煤を落とし、ワイヤーブラシでゴシゴシ!

f:id:ドリップスタンドDIY14

今回もいい感じで浮いてきました!この時点で荒材から無骨な古材感が出ています。全体のバランスを見て、最後は中目のサンドペーパーで整えましょう。柱板のセット位置を台座に記し、底からビス留めして固定。さぁ塗装です。

久しぶりのバターミルクペイントで塗装。

f:id:ドリップスタンドDIY15

ワックスやオイル系塗料に夢中でケースの片隅で出番を待っていたバターミルクペイントさん。久しぶりにもかかわらず、その実力を発揮してくれました。ラフに満遍なく塗りこみます。アンティーク加工や作品で重宝されるホワイトはやはり万能!

 

全体になじんだら、拭き取り!

f:id:ドリップスタンドDIY16

塗料が乾く前に、布でランダムに拭き取り!そうすると、一気にシャビーな雰囲気に。

焼いた分、煤けた木材の色が下地塗料のような効果を演出。バターミルクペイントの真骨頂であるほどよいアンティーク感もバッチリ、ゲットできました。

 

塗装乾燥の間にもうひと加工!

f:id:ドリップスタンドDIY17

ホームセンターで買ったΦ8mmの真鍮棒。これが1mで900円ほど。採寸した幅で2本切りだしていきます。なかなか重厚でアンティーク家具のパーツや照明部位などで使用されています。

真鍮とは?

銅と亜鉛との合金。黄色でさびにくく、鋳造・加工が容易なので、機械器具・日用品・工芸品などに広く用いられる。黄銅(おうどう)。*1

 

 

ディスクグラインダーでなく、せっかくなので金属ノコで切断

f:id:ドリップスタンドDIY18

さすが真鍮。いや、金属ノコ刃。あっさり切れました。お好みの長さや太さで。ぼくはイベントや複数のドリッパーを使う予定なので、板に合わせ400mm幅でカット。 

面を取り、ダボ穴に差し込みやすく。

f:id:ドリップスタンドDIY19

グラインダーで切り口を整え、ダボ穴に差し込みやすく加工。こうすることで容易に穴に貫通し、作業性がアップします。穴に通し、柱板同士平行にバーを調整したら、ダボ穴を埋め完成!

 

出来た。

f:id:ドリップスタンドDIY20

なかなか渋い。制作時間トータル3時間。

f:id:ドリップスタンドDIY21 木目も活かしつつ、ホワイトベース。色の抜き加減が我ながら絶妙。 

f:id:ドリップスタンドDIY22

いざ、コーヒータイム。

f:id:ドリップスタンドDIY23

ダイソーのドリッパーにトレイ、セリアのコーヒーフィルター。滴る褐色の恋人(ス○ャータではない)。部屋に広がる香りと湯気

100円グッズも数倍のひとときを演出、してくれるかも。

f:id:ドリップスタンドDIY24

 これで毎日ドリップコーヒーが楽しめます!

アウトドアでも使えそう。スタイルも工夫次第で変化できそうなドリップスタンド。ぜひお試しください!

さて、次はマグカップをセットしてみよ。

では。

じゃばら。

 

 

追記:5/2 

w-d.hatenablog.com

 もっとリッチな感じのドリップスタンド作ったよ!