DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

BOSEもいいけどJBL!キャンプに持ち出したいイチオシBluetoothスピーカーは、これ!

むく太郎です。

f:id:shakesound:20170108230037j:image

目次

この斬新なデザイン、飽きないぜ!

日頃の感謝を込めて、昨年末のボーナスでお連れさんにBluetoothスピーカーをプレゼント。(クリスマスを狙いましたが、渡せたのは、年明け・・・。)

いつも厨房内でぼくのマキタのラジオを聴きながら仕事をしていました。

最近、Spotifyにはまったらしく、これを機に買ってあげることに。

JBLのBluetoothスピーカー、CHERGE3を購入しました。

じゃん。JBLのBluetoothスピーカー、CHARGE3。Amazonで17,000円。

f:id:shakesound:20170108231710j:plain

箱もかっこいい。パッケージのとおり、防水機能もあり。

こちら取扱説明書の一文。

本製品は、防水規格 IPX7 相当の仕様となっています。一時的 (30分)に 一定水深 (1m) の条件に水没しても内部に浸水しない「防浸形」です。

https://www.harman-ownersclub.jp/shared/prod_manual/JBL_CHARGE3.pdf

えっ、そんなにタフなん。

つまり屋外で使用しても、池ポチャしたりゲリラ豪雨に晒さなければ音を鳴らし続けると。

迷いに迷ったもう一機種。

やっぱりねぇ、Bluetoothスピーカーとなると第一候補として名前が出るのは、BOSE。

デザインもスタイリッシュだし、音もよくて、見るからにアーバン。

もう最初はこれがいいと。でもね、いたんですよ。

予算も音もデザインも全く引けを取らない対抗馬が!

開けるとだいぶ、パリピ感。

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20170108231704j:plain

もうワクワクします。そんな柄ではありませんが。

f:id:shakesound:20170108231656j:plain

付属の充電器とコード。

ちなみに初期充電状態から未だ充電していません。

フル充電から最大20時間連続再生のヤバさ。

本体はこうだ。

f:id:shakesound:20170108230138j:image

ラウンド形状の当モデル。カラーはブラックをチョイス。

正直、デザインはBOSEの方が好き。

でもね、ぼくJBLのファン。

JBLとはスピーカーメーカーでもトップクラスのブランド。ライブハウスのスピーカーとして使われていたり、自動車の音響オプションに設定されていることも。

ヘッドフォンも持っているし、実は車の音響そう、JBL! 

スペック的にコチラのほうが、優れているかなと思いまして、散々悩んでこれに決定。

iPhone5Sとのサイズ比較。

f:id:shakesound:20170108230045j:plain

サイズはこういった具合。

W213mm×H 88.5mm×D87mm。重さは800g。

少々こんもりした形。持ち運びには少し気を遣うかなぁ。

ボタンは本体上部に配置。

f:id:shakesound:20170108233351j:image

ブラックの本体と同色。

左端がBluetoothペアリングボタン、中央に電源とコネクトボタン、それを挟むようにボリューム、右端が再生ボタン/通話ボタン。

f:id:shakesound:20170108233933j:image

正面から見るとこう。

下部の白いライトはバッテリー残量。

何気にこういったところ、オシャレ。

f:id:shakesound:20170108234106j:image

背面はロゴ。素材はゴムになってます。

ここに各種端子が隠れてるんです!

「パカッ」

f:id:shakesound:20170108234312j:image

こんな感じ。

左からAUX端子、microUSB端子、USB端子(電源供給用)。

そうそうこのスピーカー。スマホやほかのガジェットに電源を供給するバッテリーとしての機能もあるんです。

もう音を鳴らしてあげて、スマホにバッテリーを供給。

なんてタフなんでしょう。

サイドは、パッシブラジエーター。

f:id:shakesound:20170108230048j:plain

JBLのどでかいロゴがあしらわれたパッシブラジエーター。

低音の解像度がボヤケテしまいがちな小型スピーカでは嬉しい構造。

めっちゃ振動するので、置き場所によっては逆に共振などで聞きづらくなるかもしれないので要注意。

再生してみますか。

f:id:shakesound:20170108230228j:plain

電源を入れて、ペアリングボタンをオン。

持っているスマホでBluetooth接続させれば、即同期。

余談ですが、起動音と停止音がなります。しかもギターのカッティング的な!

凝っているなぁと思っても、毎度なるので(on/offできない)いらないといえばいりません。

音は、クセのないJBLらしい音。

どちらかというとロック系の音やボーカル系のサウンドにマッチしていると思います。

JBL Charge 3 vs Bose Soundlink (III & Mini II) - YouTube

こちら海外の方が、ぼくが購入したcharge3と検討していたBOSEのsoundLink mini 2の比較をしてくれていますので、見てみると参考になるかも。

10W×2基というこのサイズでこのボリューム。昔持っていた練習用ギターアンプが二台付いているようなもの。

そうとう出来るやつです。

お連れ様も満足のようで良かった。

(ぼくも共用できるようでよかった笑DIYの作業でも使っちゃおうっと)

まとめ:マルチに使える、優秀なスピーカー。

f:id:shakesound:20170108230037j:plain

以上、一応プレゼントで買ったものをあげた本人が夢中になっているというエントリでした。

お連れさんのお店でBGMをこれで流すとのこと。

先ほど試しでかけてみたら、6坪の店舗内も楽々カバーできる音圧というか音量。

普段使いよりもこういう小さな商店とかにさりげなく置いてあったら、すごくかっこいいと思う。

防水、電池長持ち、高音質、バッテリー代わり。

時代も変われば、デバイスも変わる。すごいねぇ。

BluetoothスピーカーでBOSEと迷ったら、ぼくはこれを推していきたいですね。

 

では、じゃばら。 

 

 

直販HPはこちら。