DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

予算は5000円!溶接なしで本格的なアイアンテーブルをDIYしてみたよ。(完成編)

DIYサラリーマン・むく太郎です。

f:id:shakesound:20170901102845j:image

こちらのエントリの続きです。

予算は5000円!溶接なしで本格的なアイアンテーブルをDIYしてみたよ。(フレーム編) - DIYサラリーマン・むく太郎EX

難しい溶接無しで、憧れのアイアンのテーブルが出来ました!

しかも予算は5000円以内!

アンティークスタイルを目指すなら、やるしかない!

 

 目次

天板を取り付け。

使ったのはヒノキ材。

f:id:shakesound:20170813192710j:plain

こちらはヒノキの板材です。

厚さは25mm、幅1枚170mmです。

フレームに収まるよう1810~1820mmに(うまく調整してください!)カットします。3枚作っておきましょう。

端にあたる部分はトリマーでミゾ彫り。

f:id:shakesound:20170901085605j:plain

そうそう、この板。

普通にはめようとするとフレームのボルトに確実に干渉します。

それを避けるため、天板両側面にミゾをつくっておきます。

f:id:shakesound:20170830145142j:plain

ボルトの位置にもよりますが、板の厚みが25mmなので15mm~20mmくらいガッと削ってしまいましょう!

幅広のストレートビットを取り付けておくと、楽ですね!

f:id:shakesound:20170830145200j:plain

こんなかんじに。

f:id:shakesound:20170830145129j:plain

ぼくは今回、長めのボルトを使ってしまい、四隅はこんな感じにミゾも対応。ほかの箇所は切断出来たのですが、ここはできませんでした。(短いものに変えればいいだけでした…)

塗装!アンティークスタイルにはワトコオイル!

f:id:shakesound:20170830145124j:plain

アンティーク風に欠かせないのが、ワトコオイル。

ダークウォルナットを満遍なく塗布。

しっかり染み込ませ、拭き取りします。

木目がグッドです!

フレームにはめていきます!

ゆっくり、丁寧に。

f:id:shakesound:20170830145113j:plain

前回製作した、フレームに天板となる板材をはめていきます。

f:id:shakesound:20170830145104j:plain

フレーム、板、ともにほんの少しのそりと歪み。

矯正していくようにきっちりはめ込みます!

天板を薄い板で固定。

f:id:shakesound:20170830145109j:plain

薄い板材で天板を固定します。

このとき、フレームアングルも一緒に挟み込む感じで。

こうすることで一気に丈夫になり、一体感が生まれます!

完成!!!!

f:id:shakesound:20170830145058j:plain

出来ました。

会議室のテーブルにはしないつもりでしたが、似ています・・。

ただ、こっちのほうがカッコいい!

f:id:shakesound:20170901101804j:plain板の切り方を失敗した例。

このガタガタ感も味を出しています。(言訳)

11.6インチのモバイルPCを置くとわかる、その広さ。

f:id:shakesound:20170901101952j:plain

まったくブログ更新という作業に支障がありません。

というか、せっかくなのでここで更新中!

愛機のPCを置くとこんな感じになります。

がんがん使えます。ただ、気になる点が。

問題点

アングル幅は厚いほうがしっかりする。

f:id:shakesound:20170831084030j:plain

ここで問題点。

丈夫には出来ているんですが、25mm幅のアングルは、やっぱり華奢。

天板枠はこれでもいいけど、脚はもうちょい広めのほうが絶対いいです!

筋交いを伸ばしたり増やしてもいいですが、だったら幅広でコストを下げたほうがいいよね。

なので脚部分はサイズを考慮したほうがよさそう。

ぐらつく机じゃダメですもんね!

この辺もさらに考えていきたいと思います。

アイアンDIYもやり方次第

以上、溶接なしのアイアンDIYでした。

鉄は木よりも扱いにくいところがありますが、ゆっくり丁寧に仕上げていけば、カッコいいものが作れます。

あとは、やり方。アングル、丸棒、フラットバー、ワイヤー。

様々な材料を自分の頭の中でしっかり組み立て、シミュレーションすることが大切!

ほしいもの、つくりたいものをつくる!

それがDIYの面白さです。

今年は溶接に挑戦するぞー!!

では、じゃばら。

*今回の費用*

  • アングル 4本  2400円
  • 板材        2000円
  • ボルト&ナット  480円

  トータル 4,880円

読んでくれたあなたにおすすめ!

w-d.hatenablog.com