SHIe-DIYサラリーマンむく太郎EX 第2章

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

お知らせ

8/16(木)、むく太郎がDIYワークショップやります!詳しくは☟

親子でDIY。かわいい子どもイスをつくろう

NEWS

\むく太郎、取材していただきました☟/

3000円台でカンタンDIY。これで趣味アイテムのインテリア性が高まるんだ

Sponsored Link

牛乳パックがマストアイテム!セメントキャンドルホルダーをDIY!

f:id:shakesound:20180306211639j:image

こんばんは!むく太郎です。

余り物でおいしいご飯をつくるように、不要になったもので新しい価値を生み出す。

日常にあふれているモノと全く結びつかないはずのものが、組み合わせることにより新しい生活の道具に変わっていきました。

それを可視化したものが今回のDIY!

牛乳パックとセメントでつくるオリジナルキャンドルホルダー

f:id:shakesound:20180306211655j:image

お部屋を穏やかな灯りで満たしてくれるキャンドル。

今回はオリジナルでそのキャンドルホルダーを作りました。

これが今回のマストアイテム。

f:id:shakesound:20180306121657j:plain

きれいに洗って乾かした牛乳パック

定番の1000mlサイズ。お好みのサイズの紙パックや容器を準備しましょう。

型ということで、柔軟性のある素材(紙・プラ)をチョイスするといいかもですね!

そして、セメントです。

100均でも、もはや定番商品となったセメントやモルタル。

ホームセンターでは10kgくらいが数百円で手に入りますもんね!

今回はセメントを使いました。

 

では、作業に移ります。

※始める前に。

セメントは強アルカリ性のため、皮膚や人体に吸入すると炎症や体調不良を起こす場合があります。作業の際は、保護具を身につけ無理のない施工を行ってください。

セメントをこねる。

f:id:shakesound:20180306121647j:plain

 

適量のセメントに少しずつ、水を足しながら撹拌。

今回は2キロくらい使いました。

ダマにならないようにしっかりかき混ぜます。

f:id:shakesound:20180306121650j:plain

少し固めに練ります。

耳たぶくらいにです。

よく料理などでも、「耳たぶくらいの硬さに」とか言いますがね。

ぼく、貧耳で触るたび悲しくなるので、アイスクリームをすくっているという感触が得られるまで練りました。

ぶっちゃけ、好みです。

牛乳パックにセメントを投入!

f:id:shakesound:20180306121700j:plain

20mmくらいの厚みが出るようにセメントを流し込みます。

すでにお気づきの方も多数いらっしゃると思いますが、

めちゃくちゃ汚れる。

なので、しっかりと汚れない服装・汚しても問題ない環境で作業することをオススメします。

筒を準備です

f:id:shakesound:20180306121708j:plain

ダイソーで購入したソーラーライトのパーツ。

これも使いますね。

代わりに、ラップやアルミホイルの芯でも十分使えます。

あとは紙コップなどを使っている方も多いそう。

むしろ、そっちの方がいいです!

ぼくはあったものを使っているだけです。

ささ、1時間ほど放置したセメントはどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20180306121705j:plain

さきほどのセメント。

こんな感じで粘土状になってきたら、ここで先ほどの筒を中央にくるように立たせます。

f:id:shakesound:20180306121711j:plain

筒が凹んでいます…。が、無問題。

ピタッと安定するように少しずつ調整。

このまま30分放置します。

筒と型の間にセメントを充填

f:id:shakesound:20180306121718j:plain

先ほどよりも水の分量を増やし、ペースト状に。

何故かというと、流し込むのが難しいからです!

f:id:shakesound:20180306121721j:plain

ゆっくりと少しずつ型にセメントを流し込みましょう。

ほんとによくセメントを垂らすので、出来れば屋外で。

紙パック7分目まできたら、パックの両サイドを軽くたたき空気を出してやります。

そして、3時間放置。

型から筒を外します。

f:id:shakesound:20180306121640j:plain

午前10時くらいにスタートし、もうすぐ夕方。

そう、完成まで2日くらいかかります。これ。

筒を型から外します。

ゆっくり回しながら上に引き上げて。

f:id:shakesound:20180306121644j:plain

こんな感じです。

1日目の作業はこの辺で。

良く手を洗って、うがいしてくださいね!

固まった!

f:id:shakesound:20180306124521j:plain

一晩おいて、ようやくガッチリ。

昨日までと重みが違います。

パックをはがしていきましょう!

なんかこうチューインガムのパッケージをはがす感じね。

若干、角に水気がありますが、このまま剥いちゃいます。

f:id:shakesound:20180306124525j:plain

しっかり筒部分がくり抜けました!

まだまだ触るとポロポロしますので慎重に。

さぁ、もうちょい乾燥させてこれで完成!…

 

 

いや、終わりませんね。

むしろここからです、質感を出しましょう!

上部の凸凹は粗目のヤスリなどでバリをとる感じで整えました。

アクリル塗料で着色

f:id:shakesound:20180306124528j:plain

塗装です!

グラフィティーペイントはここぞというインダストリアル系のインテリアアイテムを塗装するのに重宝しています。

こちらはVOCフリー*1の塗料で人体にも環境にも優しい。

塗る時は、表面の粉じんや汚れを拭き取ってから!

万遍なく塗り込みましょう。

余分な塗料は拭き取り。

f:id:shakesound:20180306124532j:plain

余分な塗料は、布などで拭きとってしまいましょう。

1枚ごとに切って使えるロールウエスが便利です。

#600くらいのサンドペーパーで整え研磨!

f:id:shakesound:20180306124537j:plain

サンドペーパーで表面をスベスベにしましょう。

深い藍色からさらに明るさと深みが増したカラーに少しづつ変わっていきます。

角は強めに擦って、シャビ―感を。

これ重要。

立体感がでます。

f:id:shakesound:20180306124518j:plain

やっちまったなと思った上部の凹凸。

でもね、いい感じに立体感というか歪な感じがアジになりました。

よし。

それでは、ここにキャンドルを納めていきたいと思います。

こういうザ・ローソクがいい。

f:id:shakesound:20180306202130j:image

何のためのキャンドルホルダーなのかという事をぼくなりに考えますと、こういったフツ―のローソクを日常に取り入れていこうという結論に至ります。

アロマキャンドルも最高なんですが、じっと火と見つめて、肌に感じる温度を体感するのにはこれで十分。

しかも60分で燃焼するというのがまたいいですね。

あらかじめ、ろうそくに火を付けて2、3滴だけホルダーに蝋を垂らします。

火を消してローソクを置くと、これでピタッとくっつく。

セッティング完了。

キャンドルセラピーで睡眠の質をあげましょう | Rhythm (リズム)

おもしろい記事もありました。

音も光も消して、ただぼんやり眺める夜もいいか。

では、火を灯して。

f:id:shakesound:20180306211709j:image

良いですねぇ。

シンプルなあかりが何よりも素敵だと思います。

 

(アロマオイルを一滴、ホルダーに垂らして火を灯すと熱が通じてほのかに香ります!オススメ)

LEDキャンドルなら火の心配もないからもっといいかもですね!

f:id:shakesound:20180306205037j:plain

夜9時。

セメントDIY。楽しいですよ!

本当はこの筒部分にジェルキャンドルを流し込みたかったんだけど、またの機会に。

このほかにもセメントプランター、照明にも。

幅が広がるアイテムです。用法用量を正しく守って、ぜひチャレンジしてくださいね!

さてまだ寝るには早いけど、これから読書でもしますかね。

椅子にある本はこれ。

大阪の家具屋さん「TRUCK」さんの。

素敵ですよ。

 

では、じゃばら。

 

*1:VOC は揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称で、塗料、印刷インキ、接着剤、洗浄剤、ガソリン、シンナーなどに含まれるトルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質です。製品から見て直感的には、「有機溶剤」と考えておけば良いでしょう。大気中の光化学反応により、光化学スモッグを引き起こす原因物質の 1 つとされています。