DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

噂のハーバリウムDIY!インスタ映え間違いなしのおしゃれアイテムをハンドメイド!

こんばんは!むく太郎です。

f:id:shakesound:20171025014653j:image

衝動のまま、つくってみましたよ。

これ、ハーバリウムというそう。

そもそもハーバリウムというのを知ったのが一昨日。おもしろいね。

ぼくは、先日ホームセンターの雑貨コーナーの一角で出会ってしまい、衝撃を受けました。

目次

「ハーバリウム」?めっちゃオシャレやん!

f:id:shakesound:20171024232939j:plain

(画像はイメージです)

「ハーバリウム」とは、もともとは押し花などを含めた植物標本のことをさす言葉ですが、最近では“ドライフラワーを透明な液体とともに瓶詰めしたタイプ”のものがインテリアとして人気です。

水の中でゆらゆら、ふわふわ。植物標本【ハーバリウム】の作り方・楽しみ方 | キナリノ

 ドライフラワーを瓶に詰めて、特殊なオイルを注ぎ保存した標本型のインテリア小物で、すごくきれいでだったんです。

なんかこう画像加工でいうと、露出を上げてからのコントラスト爆上げみたいなね。

そのくらいドライフラワーがいきいきして見えるんですね。

で、このハーバリウムのボトル、おいくらだろう・・・。

確認したら、やはりお高い!でも美しい!これは欲しいなぁ。

この流れ、ぼくは買わずにつくるを選びます。

では、さっそく!

100均でゲットしたコルク栓付きボトル。

f:id:shakesound:20171025002723j:image

ダイソーで購入したコルク栓付きのガラスボトル。

こちらでつくっていきたいと思います!

(文字がいらないかなぁ・・・)

※後ほど削ってしまいました。

このボトルをまずはしっかりと水洗いし、乾かします。

そしてこれの出番!

無水エタノールで消毒。

薬局でゲットしたエタノール

f:id:shakesound:20171025002733j:plain

乾いた瓶を「殺菌」や「消毒」で使われる無水エタノールで消毒します。

別名無水アルコール。

ツンと鼻をつく匂いがします!絶対嗅がないで!

割りばしに布やティッシュを巻き付け、エタノールを染みこませる

f:id:shakesound:20171025002754j:image

写真のように割りばしにエタノールを染み込ませたティッシュを巻き付けて、内側を殺菌。

この作業で雑菌が除去され、カビなどが発生しにくくなります。

そしてまた、乾くまで放置。

用意したドライフラワーをお好みサイズでカットし瓶へ。

f:id:shakesound:20171025002809j:image

名前も知らないドライフラワーたちを順番に瓶へ投入。

紫、白、茶。もっと鮮やかな色のものを選ぶといいかもしれません。

続いて、ハーバリウムオイル!

といきたいところですが、ぼくはこれで代用しました。

ベビーオイルで漬け込みます。

ハーバリウム専用オイルを選ぶのがベストです。

だけど、あんまり売っていません。

ホームセンターにも200mlか1.5ℓと極端。

なので代用できるものはないか調べたところ、この「ベビーオイル」がヒット。

主成分がミネラルオイルで代替えがきくけど、花が長持ちしないという声も。

悩みましたが、実験的な検証も兼ねてベビーオイルで代用しました。

(心配な方はこちら☟。通販でいいやつ売っていました)

ドライフラワーを微調整。

f:id:shakesound:20171025002829j:image

なかなか思うようにいかないのが世の情け。

このハーバリウムも同じです。

ひっくりかえってしまったドライフラワーや狙った位置にしたいときは、ピンセットまたは割りばしで調整。

完成!

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20171025013525j:image

(暖色系照明の部屋に移動、色合いが変わりました)

世界でひとつだけのハーバリウムができました。

初めての製作でしたが、少しだけオシャレ度が上がった気がします。

ポイントは、位置の調整と容器に合わせたドライフラワーの選び方。

f:id:shakesound:20171025013538j:image

今回のボトルタイプなら、茎~葉~花と一連のものをシュッと入れてあげるととってもスマートな感じで素敵になります!

反省点

f:id:shakesound:20171025015625j:image

(試験管でも。まさに植物標本)

詰め込みすぎました。

オイルもドライフラワーも。

本当に引き算が大切です。シンプルに2.3本のドライフラワーをそのまま挿すだけのほうがきれいかもしれません。

やはり一度じゃダメですね。

トライ&エラーが必須のようです! 

エタノール、ベビーオイルともに火気厳禁で注意して取り扱てくださいね!

※追記※

f:id:shakesound:20171025092829j:image

自然光の中で。

f:id:shakesound:20171025092944j:image

ぜひチャレンジしてね。

キットなんかもあるみたいなので。

では、じゃばら。