DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

新居に引っ越し!果たして、むく太郎は賃貸DIYを行うのだろうか!

こんにちは!むく太郎です。

なかなかブログが更新出来ない日々でしたが、ここに来て復活!

ただいま、図書館のフリーWi-Fiにてこの記事を書いています。

なぜなら、家のネット環境が整っていないから。

(ついにWiMAXを導入しました)

そうです。

ぼく、引っ越しました。

1LDKのちょっと狭めの物件

f:id:shakesound:20171006095404j:image

いろいろな流れやタイミングでお連れ様と1LDKの部屋を借りて住むことになりました。

築年数の割に、家賃もお得できれいな物件でした。

ただし、二人で済むとなると少々せまい。

でも、いいのです。

不要なものをお互い持ち込まなくなると思うので。

ただですね、特にぼくは「もったいない病」の重症で、

  • 後で使うから(たぶん)持っておこう
  • 高かったから捨てないよん
  • 思い出が詰まってるから、離しません

といった具合でモノの執着からなかなこ脱することが出来ません。

DIYでたまにそれは本当に必要かよく考えようと書いたりしますが、実際自分自身あまりできていないのが現実です。

だから、今回は思い切って断捨離に傾倒しようと思います。

ちょうど図書館にて、こんな本も借りました。

スポンサーリンク

 

誤解しないでほしいですが、ミニマリストになるつもりは毛頭ございませんし、たぶんなれません(もったいない病に勝てない)

あくまで考え方をひとつの参考として、ぼくの中に活かしたいと思います。

どうやったら、今より、良くなるか。

これを実践するためにね。

って数ページめくって、ミニマリストの考え方に興味がわいています。

面白い・・・。

ちょうどでいい感じの特集があったのでOZ magazine PLUSを購入。

f:id:shakesound:20171006095915j:image 

部屋づくり、片付けの参考にします。

居心地のいい部屋の共通点は、

  1. クロゼットの中もきれい
  2. クロゼットには工夫がいっぱい
  3. 植物が置いてある
  4. ディスプレイ上手
  5. いろんなものが吊るされている

だそうです。

これ、実践すればぼくでもダイジョブかな⁉

とにかく早く新しい部屋に慣れたい、むく太郎でした。

今、本当に何も無い部屋。

 

ではじゃばら!

 

スポンサーリンク