DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

簡単!きれい!クロスの穴埋め材で漆喰壁にあいた穴をスピーディーに補修!

DIYサラリーマン・むく太郎です。

f:id:shakesound:20170104230141j:image

今回は、漆喰の外壁に空いた穴を簡単に埋めてみたよというお話。

漆喰の壁に、ビスの穴が。

f:id:shakesound:20170104220240j:plain

くるみの無垢材から落ち着きのある店舗看板をDIY - DIYサラリーマン・むく太郎EX

上のエントリは、昨日の看板製作編です。今日は、いよいよ取り付け。

しかし、ある問題が。

 

めっちゃビスの痕、目立つ。

 

今回新しく取り付けた看板は、前のものより小さくて、このように穴が見えたままになってしまいました。

この穴、どうやって塞ごうかなぁ。

最寄りのホームセンターで穴埋め材を検討していたところ、安価でいいやつ見つけちゃいました!

クロスの穴うめ材スーパー!

f:id:shakesound:20170104220846j:image

スーパーです。なんてったってスーパーですから、用途はクロスだけじゃない!

手に取って、裏面を見ると漆喰壁にも対応しているとのこと!

そんな商品説明にまんまと乗せられ、足早に店を後にしました。(あっ、ちゃんとお会計は済んでいます。)

では、穴を埋めていきましょう。

注入型だから、とっても簡単。

f:id:shakesound:20170104221101j:plain

抜き穴にノズルを当て、パテ材を流し込みます。

ダボ埋めの時に流し込む、ボンドのような感覚。

はい。終わり!

f:id:shakesound:20170104221450j:plain

ってなくらい、楽にできるんです。

しっかり注入しましょう。

付属のスポンジで表面を慣らしておきます。

f:id:shakesound:20170104221440j:plain

スポンジでよく均します。

ちゃんと充填しないと、へこみの原因になるので注意。(漆喰の場合は、例によってそれがいいアジになることも)

ネットで調べたら、つまようじやティッシュでこよりをつくって、穴に差し込んでからパテ材を埋めるとコスパがいいなんて書いてありました。

試してみたかったけど、すでに充填終了。

 

スポンサーリンク

 

穴埋め完了。

f:id:shakesound:20170104221745j:plain

どうでしょうか。しっかり穴が塞げています。

よ~く見ないと、分からないほど!ちなみに4ヵ所補修しました。

この穴埋め材には、まだすごいところが!

クロス壁でも漆喰壁でもよく見られる凹凸模様。

なんでも、これが再現できてしまうらしい!

ドライヤーを使って、ピンポイントに熱を加えるとパテの成分に熱膨張材が配合されているので、自然な盛り上がりが復元できるとのこと。

一応、やってはみましたが条件が悪いのでしょう。

真冬の外壁では、なかなか熱が伝わらず大した変化なし...。

まぁ、次の機会にね!クロスの穴空いてるとこ、いっぱいあるからね!

そこでしっかり検証したいと思います! 

看板、設置完了。

f:id:shakesound:20170104221605j:plain

というアフターケアも含め、看板の設置が完了。

取り付けについては、以前ついていたものとほぼ同じサイズだったため、下地探しなどせずにできました。

石膏ボードの上から漆喰を塗っているから、こういったDIYをするときは、きちんと下地探しをしなくてはね。

店主にとって唯一無二の「お店」。その象徴である看板をつくらせてもらった。

関係がどういえ、プロに頼めば、そしてお金をかければ、もっとかっこいいものが出来るかもしれない。

そんな中、ぼくに任してくれたのは、やっぱり嬉しいよね。

今年はいいものを、心を込めて製作していきます!

以上。

では、じゃばら。

 

*追記*

取り付けたビスをもっとおしゃれなやつに変えてくれと、注文が・・・。笑

手間賃ほしい。

 

 

読んでくれたあなたにおすすめ! 

w-d.hatenablog.com