読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYサラリーマン・むく太郎EX

DIYにハマった不器用なサラリーマンのぼくが、お金をかけずに自分テイストで作った家具、雑貨、エクステリアをコツコツ紹介するブログです。

卓上衝立で目隠し。イベント出店に向けて、ディスプレイ什器をDIY。

むく太郎です。

f:id:衝立DIY

この秘密の卓上衝立の後ろには、いったい何があるというのか・・・。

いよいよ明日に迫った音楽イベント。

w-d.hatenablog.com

昨年行われた第一回目。

見事チケットソールドアウト。

栃木なのにTOKYO?と少し疑問に思う方も多いでしょう。

(公式サイトに経緯は詳しく)

この地元ならではの音楽とお酒と食を満喫できる素敵なイベントも今年で二回目。

季節を春から秋にかえ、ぼくも連れのお店が出店ということで手伝いとして参加します。もちろんライブも見ます。

昨日、資材の買い出しのためにシモジマに出向いたところ、同じ時間帯に関係者が続々。

ちょっと立ち話をしつつ、足早に分かれましたが皆思うことはひとつだと確信しました。

絶対成功させる。」

ぼくはこのイベントのファンでもあり、地元がもっと活性化すればいいと本気で思っています。

それは、単に音楽を通してでなく。

地元で頑張る飲食店もフード提供で参加しているし、多くの地元企業が協賛している。

個での活動や地域産業の弱体化というニュースをよそに、此処でしかできない一体感を感じているからです。

はいっ!いつもどおり前置きが長くなりました!

スポンサーリンク

 

 

出るからには、準備が必要。

出店ということは、少なからず準備が必要。

昨年は看板やテーブルなどイベントに必要な什器や物品を試行錯誤しながらつくってきました。

今回は今までつくってきた中でもテーブルなどのメインでなく、「あればいいなぁ」というもの。

手元を隠す、ついたてをつくってほしい。

f:id:shakesound:20161009155047j:plain

という見出しの声をいただいたので、むく太郎的につくってみました。

ドリンク提供やレジの部分で活用したいとのこと。

細かい所作があまり見えすぎると、雑多感が出てしまうのがイベントやりとり。

それをお客さんに感じさせないようにと思って。

雰囲気を出来るだけ壊したくない。

景観を守るというのは大げさかもしれませんが、近い感覚です。

本日のメニューなども掲げられるし!

では、製作の手順です。 

おなじみ、スギ材祭り。

f:id:shakesound:20161004201129j:plain

今回もリーズナブル且つ機能性も備えた什器を。

家に置いてあったスギ材で木枠をつくり、厚さ5mmのベニヤ板を貼り付けます。

ご覧のとおり、日に焼け雨風にさらされ、汚れています。

でも、あえてそういう材料をセレクト

ヤスリで整えれば、あっという間に白木の古材な風合い。

もちろん野地板も使います。

f:id:shakesound:20161002151910j:plain

これです、これ。

近くのホームセンターに1坪分が¥1,000で売ってるんです。

一般的なフロアー材の一坪分の1/10の値段で買えるから何気に重宝しているんです。

このサイズが20本もある 。1本50円也。

安価だからこそ使わず余してしまうというデメリットもあるんだけどね・・・。

さきほどの木枠+ベニヤに貼り付け!

f:id:shakesound:20161004201124j:plain

こんな感じでサイズを測って、野地板をカット。

そしてたっぷりとボンドを塗りたくって貼り付け!

ちょっとパッチワーク的に並べると少しだけオシャレ感がアップ。

端材から材料をとり出すと、本当に無駄なく作ってやろうという想いになります。

かわいいはつくれるし、かっこいいもつくれる。

これをリーズナブルに目指しているのが、ぼく。

下段のスキマは木工パテで埋めちゃいました。

f:id:shakesound:20161009170257j:image

木工パテで下の空いた部分をうめました。

だいたいこれでついたての面は完成。

白木のままがいいというので、オイルも何も使わずヤスリがけ。

塗らないのでというのも変ですが、丹念にヤスリがけしました!

手元の目隠しとして使いたい。じゃあ立てられるようにしなくちゃね。

f:id:shakesound:20161009155008j:plain

赤松の端材を土台として使います。

250mmに切ったモノを2つ用意します。

ほんとにいろんな端材がありますね。(そうしたのは、自分自身)

f:id:shakesound:20161009155014j:plain

両端を墨付けして、45度カット。

サシガネで45度を出す方法は覚えておくといろんな場面で使えますよ!

そしてカットしたものがこちら。

f:id:shakesound:20161009155020j:plain

サクッとカットしたら、先ほどのついたてをはめ込むミゾをつくる作業に入ります。

中央に幅35mm、深さ30mmの墨付けをしてミゾを彫ります。

ミゾ彫りに使うのは、今回はスライド丸ノコ。

f:id:shakesound:20161009155026j:plain

スライド丸ノコのミゾ彫り機能をふんだんに使用します!

ミゾ彫り機能と勝手に命名してしまいましたが、刃とスライドバーの間に備えられているボルトの位置を調整することにより、切り込み深さを調節できるんです。

ストッパアーム

(蝶ネジ)を回すことによって、ノコ刃の切り込み深さ(下限位置)を調整することができるので、トリマーを使わなくても、動画のように好みの幅の溝を簡単に掘ることができます。

丸ノコの選び方 | DIY工具紹介部

両端を切ってから、材料を横に流してカットしていく。

f:id:shakesound:20161009155035j:plain

深さを調節しているので、安心して切り進められます。

ほんと便利だ。スライド丸ノコ。

はじめに両端を切っておけば、切りすぎてしまうのを防ぐことが出来ます。

この作業を2つ分、しっかりやればOK。

欠き取ったら、バリが無くなるようにヤスリがけしましょう。

土台出来た!

f:id:shakesound:20161009155041j:plain

こんな感じ!それっぽくなりました。

片方は節がもろ真ん中にありますね・・。

後は紙やすりで全体的にサンディング。

先端が尖っていてちょっと怖いので丸めておきました。

端材もしっかり使える基礎になる。

ワトコオイルで塗装!

f:id:shakesound:20161009170311j:image

サンディングが終わったら、塗装。

ワトコオイル・ミディアムウォルナットでウッディーな感じに。

サッと塗って、ウエスなどで拭き取り。

色あせた感じを出したかったので、オイルを間髪いれずに拭きました。

縁や角も強めに擦って、シャビーな質感をゲット。

 

 

あとは、縦でも横でも。

f:id:shakesound:20161009155047j:plain

さぁ、塗装が乾いたらセットするだけ。

ミゾを彫った土台に衝立を置きます。

ついたて面はちょっとバーナーで炙って、くすみを出してみました。 

これで手元は見られない。はず。

f:id:shakesound:20161009214417j:image 横むき.ver

 

正方形ではつくっていないので、ちょっとだけ雰囲気が変わります。

f:id:shakesound:20161009214421j:image

縦むき.ver

凸凹がきれいにはまると、よっしゃ!ってなるのはぼくだけじゃないよ。きっと。

f:id:shakesound:20161009215049j:image

サイドから見た図。

すみません・・・。後ろとか、ほんとは何もないんです・・・。

アプリで文字入れるのが楽しくて・・・。

こんな感じで出来上がりましたとさ!

見えてほしくない部分はしっかり隠す。

こういったニッチなアイテムって、案外自分好みのモノがなかったり。

だったら、最初から自分好みに自分でつくっちゃう。

これが本当に楽しい。ただそれだけかもしれないけど、それくらい楽しみましょうか。

今日も1日、お疲れさん。

明日はもっと楽しむぞぉ!

では。じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

 

w-d.hatenablog.com

 

w-d.hatenablog.com